美人に一歩前進|跡を残さずにいぼを取りたいのであればクリニックへ

首の老化現象治療の現状

女性

医療機関の利用が効果的

顔にシミやシワができるようになったことで自分が年をとったことを実感する人が多いですが、首の方にまではなかなか注意が向きません。しかし、年齢を重ねるにしたがって、首にも老化現象が現れてくるようになります。よくあるのは、首の皮膚に横ジワができてしまうケースです。しかし、首周りに小さないぼがたくさんできてしまうケースも多いです。首周りのいぼは30代位から出現することが多いため、老化現象だとは認識しないケースが少なくありません。10代や20代の人の首周りにいぼができる場合もありますが、それはウイルス性のものである可能性が高いです。ですが、30代以降にできるいぼは老化による腫瘍の一種ですから、全く別の種類のものだということになります。一般的なウイルス性のいぼには尋常性疣贅という呼び名がつけられています。一方、老化が原因で首周りに出現するいぼには老人性疣贅もしくは脂漏性角化症という名称がつけられています。ほとんどは良性のものですが、放っておくと癌化する悪性のいぼである場合もありますので、気になる症状がある人は、早めに医療機関を受診して医師に診てもらうようにした方がよいです。従来は、保険が効くという理由で、皮膚科や整形外科を受診する人が多かったのですが、近年では美容整形外科を受診する人が増えています。美容整形外科の治療は原則的に保険が効きませんが、審美面への配慮が行き届いた丁寧な治療を受けることができます。また、いぼそのものをなくすだけでなく、首にできたシワをなくす治療も一緒に受けることができるため、今後は美容整形外科を利用する人が増えるだろうと予想されています。

イボをスッキリ除去

いぼには、皮膚が薄くなっている部分にできやすいという特徴があります。触ってみるとわかりますが、首の皮膚は決して厚くありません。着衣の襟がちょうど当たる部分ですので、その摩擦による刺激で皮膚細胞が過剰に増殖するようになります。増えすぎた皮膚がポコッと盛り上がったものが、首周りにできるいぼの正体です。また、摩擦だけでなく紫外線の影響も受けやすいので、若いうちから十分な紫外線対策を講じておくようにするのが望ましいです。様々な治療方法がありますが、昔からよく行なわれてきたのは、液体窒素をいぼに押しあてて焼いてしまう方法です。この方法は保険が効くため、なるべく安い費用で済ませたいと望んでいる人によく利用されています。ただし、治療時に痛みを感じることが多いですし、色素沈着が起こる恐れがあります。それらのデメリットを理解した上で治療を受けるようにしないと、あとになってから後悔してしまうことになります。近年になって利用者が急増しているのは、レーザー治療です。これは、簡単に言ってしまうと、レーザーの力でいぼを丸ごと削り取ってしまう方法なのですが、麻酔クリームを塗った上でレーザーを照射しますので、痛みを感じることはほとんどありません。また、意外なほど出血量も少ないので、高い人気を集めています。液体窒素を用いた場合のように皮膚に色素沈着が起こる心配もほとんどないため、高額の費用がかかってしまったとしても、レーザー治療を受けたいと希望する人が増えてきています。その他に、薬の服用によって免疫力の向上を図る治療方法もあります。